せいふふのブログ

自己啓発、資産運用、健康、スポーツ、子育て等、興味があることに何でもつぶやきたいと思います。

お金を貯めるなら、まず節約

節約するなら固定費の削減

貯金も投資をするのも、節約があってこそ成り立つものだと思います。たとえ、収入が増えたとしても、その分支出も増えていては中々貯まるものをたまっていきません。

 

ただ節約と言っても、必要なまでに気を遣うようなこと、例えば「電気の消灯をやたらと気にする」、「シャワーの水をとことん切り詰める」等、ライフスタイルの悪化につながる節約を続けると、気持ちが滅入ってしまうと思います。

 

では、どの支出を抑えるかと言うと、これは徹底している方はやっていると思いますが、固定費の削減に尽きます。

 

f:id:seifufu:20210208134941j:plain

 

3つの大きな固定費

代表的な大きな固定費3兄弟は以下です。

  • 住宅
  • 保険 

1.住宅

住宅ローンや家賃が、毎月の支出の中で一番大きなウェイトを占めているのが現状だと思います。

 

持ち家の場合は、身の丈にあった住宅を購入して、如何に無駄な住宅ローンの金利を払わないようにするか、または賃貸の場合は、家賃は収入の1/3が目安と言われていますが、この目安にこだわらず、抑えられるなら抑えるべきだと思います。

 

ちなみに私の場合、結婚した当初は普通の賃貸に住んでいましたが、引っ越しした後、借上げ社宅のような家に住んでいる感じですので、住宅費用はある程度安く抑えられています。

 

昔は、持ち家、特に一軒家に住みたいという気持ちもありましたが、今は全くその想いはありません。住宅ローンで身動きが取れなくなる生活よりは、ある程度の自由が利く、今の賃貸の生活が合っていると感じています。

 

しかし、持ち家をもったらでもったらで、「家族とゆっくり話せる場が増える」、「色々と家の中をカスタマイズできる」等、気持ちの面でプラスに働き、お金には換算できない部分も多々ありますよね。

 

2.車

車は金食い虫です。年々車両価格も上がってきていますし、購入後のランニングコストも、駐車場代、自動車税自動車保険車検費用、オイル交換のメンテンナンス費用等が加わってきますので、月々の費用に換算すると馬鹿になりません。

 

都内に住んでいれば電車やバス、遠出をする際にはレンタカーやシェアリングカー使うことでOKだと思います。

 

ただ、個人的に車の運転は好きで、”車でしか作れない空間で話す家族との会話”や”好きな音楽をかけながら運転すること”は、日常とは違った体験ができることから、車の価値はあると思っています。

 

ですので、政府には税金を下げ、少なくとも車検制度の見直し(2年間 ⇒ 3年間に変更)を考えてもらいたいところです。

 

3.保険

大きく分けて生命保険、医療保険、火災保険(地震保険)があり、沢山の種類の保険が提供されています。リスクに備えて保険を入ることは、人それぞれの価値観・判断によるものですので、全く否定はしません。

 

私の場合は、掛け捨てで年齢に応じて保険額を減額できるネット保険に入れば、十分と考えています。

 

死亡時の公的保証(国民年金、厚生年金)、遺族年金、高額医療費制度、傷病手当金等のセーフティーネットがありますので、これらの制度を念頭に置いた後、個々人のケースにあった必要な保険に加入することが方が良いと思っています。

 

費用を抑えるという点では、上記3つの固定費を意識して考え、行動に移していけば、大部分の費用は抑えられるものと思います。自分も継続して実行していきます。

 

ではでは、良い一日を

Have a nice day!